NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。名前はまだない。

「ゆるしあえる」世界。

f:id:marina0821:20170505204615j:plain

 

暑さはかなり苦手だけれど、
日中暑かった日の、少し肌寒い夜が好きだ。

 

ノスタルジックな雰囲気や
風の心地よさに誘われて、ふらふらしたくなる。

 

 

そんなこんなで、久しぶりのブログ。

 

f:id:marina0821:20170505205743j:plain

 

もうそれがいつからだったのか忘れたけれど
ここ最近ずっと、なんとも言えない虚無感がまとわりついてて
前を向いて歩いていても、気付けば下を向いている
そんなやるせない、消えてしまいたくなるような気分が続いてた。

 

それでも仕事には行かなきゃいけないし
人を「導く」という仕事上
迷ったり、不安がったり、感傷に浸ってる暇なんてない。

 

こんな感情、仕事に支障「しか」ない。

 

だからいつもだったら
そんな感情にすぐ蓋をしてしまうのだけれど
今回はね、なんか蓋をする気になれなくて。

 

 

仕事中は、とにかく目の前の仕事に集中して
1人になった瞬間にひたすら浸って
また仕事に行って、の繰り返し。

 

ずっと自分を不器用だと思ってたけど、
もしかしたら、意外と器用なのかもしれない。笑

 

f:id:marina0821:20170505211010j:plain

 

そんなバカなことを思いながらも
蓋をせずに感じ続けた名前のない感情が
少しずつ、少しずつ、わかるようになってきた。

 

 

少しでも時間があれば

 

 

たくさん、眠ったし、

 

たくさん、本を読んだ。

 

 

そして、たくさん、自分と向き合った。

 

 

そしてようやく見えてきたもの。

 

f:id:marina0821:20170505211712j:plain

 

 

あたしは、「ゆるしあえる」世界を、つくりたい。

 

 

そんな想い。

何かスピリチュアル的で
すごく崇高な感じに聞こえるけど

 

全然そんなことなくて
というより、まずは自分を「ゆるしたい」だけ。 

 

 

f:id:marina0821:20170505212923j:plain

 

これまでたくさん本を読んだり
コーチングや心理学を学んだりして

 

❝人と自分を比べない❞とか

❝自分を愛する❞とか

 

色んな言葉や考え方に出逢ってきて
助けられてきたけど

 

でも結局、最後にはいつも

 

 

「そのためにはどうしたらいいの・・?」

 

 

って、苦しくなった。

 

 

f:id:marina0821:20170505213830j:plain

 

結局、あたしは、いつも


人と比べては「ダメ」
自分を愛せないと「ダメ」

 

そうやって、自分にダメ出しばかりしてた。
それが1番、自分を苦しめてることに気付かずに。

 

 

すぐ人に嫉妬してしまうことも
相手の顔色を窺ってしまうことも
思ってることを上手く伝えられないことも


人と比べてしまうことも
なかなか自分を愛せないことも

 

それも全部、含めて「自分」なのに。

 

それを克服できない自分じゃなくて

 

そんな自分を受け入れられない
無理にポジティブに捉えようとしてしまう


そんな自分を「ゆるす」ことができない自分が

 

なによりも1番、ゆるせなくて、
だから、ずっとしんどかった。

 

f:id:marina0821:20170505214926j:plain

 

なんだ。あたしはずっと
自分を「ゆるして」あげたかったんだ。

 

そんなことに、ようやく気付けて
久しぶりにようやく前を向けた気がした。外に出た気がした。

 

目に映るもの何もかもまぶしくて
世界ってこんなにキレイだったんだ
なんてことを思いながら

出かけたお気に入りのカフェで
マスターにこんなことを聞かれた。

 

「コミュニケーションって、なんだと思いますか?」

 

f:id:marina0821:20170505215812j:plain

 

咄嗟のことで、答えられなかったけれど

ホントはちゃんと頭に浮かんでた。

 

 

「『ゆるしあう』ことだと思います」

 

 

どんな自分も、どんな感情も、
全てが自分の大切な一部なんだって
受け止めて、ゆるすことができたなら

 

今度は同じように
相手のこともちゃんと
受け止めて、ゆるすことができると思う。

 

そしたら
比較とか、批判とか
そんな概念さえ、なくなって


1人1人の個性が輝いて、
共鳴して、新しいものを生み出していく。

 


それがコミュニケーションであり
“人間らしい"世界なんだと、あたしは思う。

 

 

まずは、あたしから、そんな世界を生きてみようと思う。

 

f:id:marina0821:20170412091543j:plain


教育という「ゆるす」ことが許されない世界で、
自分も、人も、とことん「ゆるして」生きていこうと思う。


それについての話は、また今度。