読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。名前はまだない。

逆転の発想と挑戦。

f:id:marina0821:20170508213609j:plain

 

このGWは、本当にゆっくりと自分と向き合えた。


自分がこれまで何を感じてきたのか。
今、何を感じているのか。
そして、これからどうしていきたいのか。

 

そんなことをじっくり、自分のペースで、考えることができた。

 

f:id:marina0821:20170412091543j:plain

 

そんな中やっぱり、切っても切れないのが「仕事」のこと。

 

かれこれ今の塾で、英語を教えてもう4年。

小学生だった子が、高校生になり。
高校受験でぎゃあぎゃあ言ってた子が、大学生。

ほんと、不思議な空間だよ。塾って。

 

もちろん生徒たちだけじゃなくて
あたし自身も色々と変わっていて、

 

許可なしで自由にやれることが増えていたり、
週3~4という理想の勤務時間と収入を保障してもらい、
授業以外で、高3生とのカウンセリングもさせてもらえるようになったり

正社員でも、非常勤でもない
よくわからない立場をしっかりと築いている。笑

 

1年目よりも、2年目。
2年目よりも、3年目。

振り返ってみたら、色々と変わったなぁ。

そもそも、2年目はストレス溜まりすぎて、
上司との中も最悪で、辞めようとしてたしね。

なつかしい(´ー`)笑。

 

f:id:marina0821:20170508204859j:plain

 

さらに、学歴コンプレックスで

ごまかし、ごまかしでやってきた英語力も
少しはマシになってきたと思う。

 

色んな生徒に出逢って、
色んな経験をさせてもらって、
色んなことに挑戦させてもらった。

そのたびに

嫉妬や不安に押しつぶされそうになったり
小さなことに飛び上がるほど喜んだり
自分のふがいなさに泣けてきたり・・・


そうやってこの4年間、色んなことを感じてきて、

 

また1つ、やりたいことが見つかった。

 

 f:id:marina0821:20170508205554j:plain

 

もっと【自分】を大切にする教育がしたい。

 

【自分】は、あたし自身でもあり、生徒たち1人1人でもあって

自分自身や生徒たち1人1人が感じていることを、
もっと大切にして、

「自分で自分を大切にする」って、ことを知るきっかけにしたい。

 

誰しもが通る教育という道。
もっともっと、やれることってあると思うから。

 

f:id:marina0821:20170508210755j:plain

 

ずっとこの教育という現場にいると
あまりにも融通が利かな過ぎて、うんざりすることが多い。

 

でもそれを、
どうこうするほどの力が自分にないこともよくわかってて
だからこそ、自分にも教育にも幻滅して
この世界を外から変えていこうとしていた時期もあった。

その試みの1つが

「高校生とのカウンセリングにコーチングを取り入れること」

だった。

 

そんな機会を与えてくれた上司には
本当に心から感謝しているし
よくわからないカウンセリングに付き合ってくれた生徒たちにも
本当に感謝しかない。 

 

そうやって、たくさんの人の協力のおかげで、気付けたんだ。

 

 

『やっぱり、中から変えていきたい』

 

 

f:id:marina0821:20170508211204j:plain

 

まずは・・「結果や答え重視の考えを変えていきたい」

 

そう思った。


だから、あーでもない、こーでもないと、
途中、何度も投げ出しながらも、考え続けた。

 

自分にできること。授業で、できること。

 

結果や答え重視の風潮をなんとかしたくて
そこにたどり着くまでの「過程」の大切さをずっと伝え続けてきた。

 

でも、あたし自身の伝えることのスキルもまだまだだし、
やっぱり「当たり前」の意識は強くて

生徒たちが求めて、満足するのはいつも「答え」だった。


それはテストってものがあって
そのテストや結果で評価されてきたから
仕方のないことなんだけれど、

そんな中で毎日、毎日、過ごしてるから、



「答え」さえ合っていればよくて
「過程」を改ざん、もしくは無視することさえある。

 

だから、どうしても、上手くいかなかった。
そのたびに、答えを重視するしかない自分が情けなくて、悲しかった。

 


でも、諦めたくなくて、考え続けた。

 

そして、ようやくひらめいた。

 

f:id:marina0821:20170508202936j:plain

 

だったら、そもそも「答え」を軽視してしまえばいい。

 

 

そうだ、初めから「答え」を教えてしまえばいいんだ。

 

 

f:id:marina0821:20170508212751j:plain

 

「これだ!」という想いの反面、
「おいおい、マジで?大丈夫?」という自分もいる。

 

でもまあ、やってみないとわからないし、
何かは得られると思うので、明日からちょっとやってみようと思う。

 

 

「英語を勉強する」こと

「あたしの授業を受ける」ことが

 

自分の声を聴いて、

受け止めて、

行動していくきっかけに

 

❝自分を大切にする❞

 

きっかけになっていって欲しいから。