NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。名前はまだない。

「生まれてきてくれて、ありがとう」

f:id:marina0821:20170514185055j:plain

 

今日は、母の日。

ささやかだけれど、手紙を添えて、プレゼントを贈った。

 

そしたら、2回に分けて、母からLINEが届いた。

 

1通目は、プレゼントに対するお礼。
それから少しして、2通目は手紙への返事。

 

この時間差は、きっと母のことだから、

届いた瞬間にLINEをくれて
それからゆっくりと中身を整理していて、手紙に気付いて
慌てて、またLINEをくれたんだろうな。

…なんて、想像してたら、自然と笑みがこぼれた。

 

あたしと同じで不器用だけれど
とっても純粋で、可愛い人だから。

 

f:id:marina0821:20170514190437j:plain

 

そんな母からの2通目のLINEにあった

 

 

「生まれてきてくれて、ありがとう」

 

 

という言葉。
この言葉自体、とっても嬉しいのだけれど、

それ以上に、
そんな言葉を交わせるようになったことが
たまらなく嬉しかった。

  

f:id:marina0821:20170514190046j:plain

 

母の日、父の日、それぞれの誕生日。
今でさえ、 当たり前にお祝いをしているけど
こんな風に祝うようになったのは、最近のことだったりする。

 

あたしは、ずっと【家族】と距離を置いてきた。

 

正直、厳しくて、感情の起伏が激しい
母のことが嫌いだったし、顔を合わせばいつもケンカをしていた。
酷い言葉をぶつけて、傷付けてしまったことだってある。

 

父は、母とは正反対で、
物静かで、いまだに何を考えているのかわからない人。笑
だから、怒られることもないから、よく一緒にいたけれど
決して、好きってわけではなかった。

 

そうやって、いつも距離をとっていたように思う。

 

2人が悪いわけじゃない。
ただ、あたしに余裕がなかったんだよね。

 

あたしは「素直に自分の想いを伝える」勇気がなかったんだ。

 

f:id:marina0821:20170514192229j:plain

 

だから、あたしはずっと、
自分が伝えようとしてもいないのに

「わかってくれない」

 

そう思い込んで、自分から距離をとってた。

友達やテレビの中で

【仲のいい家族】を見るたび、

本当はずっと羨ましかった。

 

「なんで家は、あんな風になれないんだろう」って。

 

そうしてたのは、自分なのにね。

 

f:id:marina0821:20170505211712j:plain

 

でも、自分と向き合うことを知って、
ようやく、少しずつ「自分の想いを伝える」ことができるようになった。

 

 

「ありがとう」

 

「おめでとう」

 

「ごめんね」

 

「身体に気を付けてね」

 

そんなささやかな言葉だけれど
まだ照れくさくて、直接言えないときもあるけれど

それでも少しずつ
今までの距離を埋めていってくれた。

 

そうやって、あたしが想いを伝えられるようになったら
家族関係はもちろん、夫婦関係も変わっていった。

 

「応援してるよ」

 

「まりななら、大丈夫」

 

「生まれてきてくれて、ありがとう」

 

ずっと言われたいと思ってた言葉も
自然と言われるようになった。

 

一緒にいる時間が楽しくて、愛しくなった。

f:id:marina0821:20170514193947j:plain

 

自然と、誰かの誕生日には、家族3人で集まるようになった。

 

f:id:marina0821:20170514193938j:plain

 

小さいころ以来、撮ってなかった3人での写真も増えた。

 

 

今なら胸を張って言える。

 

 

あたしは【家族】が、大好きだ。

 

 

なんて想いはまだ、面と向かっては言えないけれど
(というか、そればっかりは言えるようになる気がしない。笑)

 

それでも3人で、もっともっと【家族】になっていきたいと思う。

 

f:id:marina0821:20170514194519j:plain