NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。名前はまだない。

柔らかな芯をもつ。

f:id:marina0821:20170522190019j:plain

 

 

「信念」、「理想」、「自分軸」

そんな言葉から、あなたは何を想像するだろう?

  

あたしはずっと、「こうありたい」という
未来予想図や理想を持った人は素敵だと思って

そんな"芯のある人"になりたいと、思ってた。

 

 

"芯のある人"とは

 

f:id:marina0821:20170522190518j:plain

 (あたしの中の"芯のある人"のイメージは、こんな感じだった)

 

「ブレない」

「媚びたりしない」

「強くて、カッコいい」

 

芯がある人=そんなイメージを持っていて

まずは形から!と
キツめのメイクや振る舞いをしてみた。

そして次に内面と、自分の軸や理想を必死で探した。

 

もちろん、自分の軸や理想が言葉になった瞬間は嬉しかったし

 

「これだ!あたしはこうやって生きていけばいいんだ!」

心から、そう思った。


そうやって自分の世界に潜って見つけた
自分軸という名の未来や理想。

 

けれど、1歩、現実の世界に踏み出してみると

 

そう、上手くはいかなかった・・・。

そうあろうとすればするほど、苦しくなっていく。

 

 

「未来」や「理想」のワナ

 

f:id:marina0821:20170522191758j:plain

 

「なんで、うまくいかないんだろう?」

 

あれほど探し求めていた
未来や理想が見つかったのに、思うように生きられない。

そんな現実に直面するたびに


自分の努力が足りないとか
自分にはやっぱり無理なのかもしれない

 

そうやって、自分を責めるようになった。

 

そして、あるとき気付いてしまった・・・。

 

 

 

「こうありたい」と思えば思うほど、

「こうでないといけない」そんな風に思うようになって

 

自分の思い描いた未来や理想に縛られていた

ということに。

 

そして、その事実に気付いてしまった瞬間

どうしようもないほどの絶望を感じた。

 

だって、

 

自分軸や未来や理想が見つかって
そうやって生きていけば、変われる。

自分らしく、生きられる。

幸せになれる。

 

そう、信じていたから。

 

 

絶望の中で、気が付いたこと

 

f:id:marina0821:20170522193049j:plain

 

ブレない芯のある人は、カッコいいと思ってきたし
自分もそんな風に生きていきたいと思った。

 

そうすれば、周りの反応なんて気にせず
堂々と、自分のまま、生きていけると、信じてた。

 

ブレちゃいけない。

周りに左右されちゃいけない。

 

そうやって、いつの間にか

「”芯”とは、硬くなければならない」

そう思い込んでいた。

 

 

そうか、芯を硬くしようとして
誰かにその芯を折られてしまうのが怖くて

あたし自身が頑なになっていたから、苦しかったんだ。

 

 

 

 

"芯"は、硬くなくても、いい

 

f:id:marina0821:20170522195211j:plain

 

なにかの本で

「欲しいものへの想いが強すぎると、
 それはないことを強調してしまって逆効果になる」

そんなことを読んだのを、思い出した。

 

 

「こうありたい」

「こんなことがしたい」

「こんな風に生きたい」

 

そうやって、未来や理想を描く時間は、楽しいし、必要だと思う。

 

でも、あまりにもそこに執着しすぎると
未来や理想は、自分を縛り付ける最強で最悪の鎖になってしまう。

だって、まさか誰もそんな幸せの象徴みたいなものが、
悪さをするなんて予想もしないから。

 

だからもし、


未来や理想に縛られているのに気付いたら
未来や理想のために生きてるはずなのに、苦しいと感じたら、


思い切って、破り捨ててしまえばいいと思う。

 

どんなにワクワクする未来の理想の自分でも、勝てないものがある。

 

 

それは、"今この瞬間の自分"。

 

 

どんなに未来や理想を描いていても
今この瞬間、目の前で起きていること、感じていることから

目を背けることはできない。

 

できなくはないけど、
目を背けようとするから、苦しくなるんだと思う。

 

無理に未来や理想の自分になろうとする必要なんてない。
未来や理想を描こうとする必要なんてない。

 

あたしは、

今この瞬間の自分を
1つ1つ積み重ねたものが、

 

ホンモノの未来であり、理想の自分

 

なんじゃないかなと思う。

 

f:id:marina0821:20170522200414j:plain

 

未来や理想に縛られず、

今この瞬間を大切に。

 

そうやって、柔らかな芯を、育てていく。