NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

「今」という『自分』を認めるということ。

f:id:marina0821:20170707204645j:plain

 

今日は1日、夏期講習のテキスト案を考えていた。

 

いつもは高3だけなのだけれど
今年は、学年も、内容もバラエティーに富んでいる。

 

それでも、何か1つ
自分の中でテーマが欲しくて、ずっとそれを考えていた。

 

f:id:marina0821:20170707205826j:plain

 

正直、そんなもの考えずに
点数を取らせることにだけ集中すれば楽なのだけれど

 

それは講習に限らず、日頃の授業でも同じで

 


どうしても、したくない。

 

 

わかりやすくて、おもしろくて、
点数に直結する授業。

 

それが塾講師が行うべき"理想の授業"なのだとずっと思ってきた。

 

実際、そうなのかもしれない。

 

けど、そんな授業をしようとすればするほど
気持ちが冷めていってしまう。

 

f:id:marina0821:20170412094908j:plain

 

点数を上げることには興味がないし
強制や1から10まで面倒を見ることも好きじゃない。

性格だって、人見知りで、1人の時間がすごく大切で
ずっと人といると疲れてしまう。

 

もしかしたら、塾講師には向いてないのかもしれない。
(そう思い悩むことがまだ今も度々ある)

 

でも、

 

 

それが『あたしだから、しゃーない』

 

 

今はそう思うようにしている。

 

f:id:marina0821:20170412091543j:plain

 

だいぶ、話がそれてしまったけれど

この感覚こそが、あたしが伝えたいことで
それこそが、一般的な塾講師像とはかけ離れているあたしが
何度も悩み、凹み、上司やほかの先生に助けられながら、
塾講師をしている理由の1つだと思っている。

  

 

「今」という『自分』を認めること

そして、そんな自分を認めた先にある無限の可能性

 

 

あたしは、それを生徒たちに伝えていきたい。

 

勉強をただの「しなきゃいけないこと」や
「点取りゲーム」にしてしまうのは、もったいない。

勉強や受験をきっかけに
自分の人生を自分でつくることを体感して欲しい。

 

これこそが

あたしが「今」という『自分』を
認めたからこそ、出てきた答えだから。

 

f:id:marina0821:20170707213637j:plain

 

というわけで、今年の夏期講習のテーマは

 

「今」という『自分』を認める

 

どんなテキスト、授業になるんだろう。
正直、全く予想はつかないけれど、ひとまずやってみるのみ。

 

f:id:marina0821:20170707214445j:plain