NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

理想の未来を選べるかどうかわからないけれど、最悪の未来は選べる。

f:id:marina0821:20170918152826j:plain

 

9月も半ばを過ぎ、

この季節が好きなあたしは
秋の気配を感じる度になんだか幸せな気分になり、
そして、そんな穏やかな自分に気付き
自然とほころんでしまっている顔は、きっとかなりのまぬけな顔だ。

 

とはいえ、この2週間はそれなりに忙しく
あっという間に時間が経ったような気がする。

仕事でも、プライベートでも、
色々と試されることの多い2週間だった。

 

だけど、後悔はないと言いきれる選択ができた2週間だった。

昔のあたしなら
確実にできてなかっただろう選択。

 

もしかしたらそれも
顔がほころびやすくなった理由の1つかもしれない。

 

とはいえ、この先もまだ
大きな選択を迫られているのだけれど

それでも「大丈夫」だと思える。

f:id:marina0821:20170918162357j:plain


なぜなら、自分が何を大切にすべきなのかようやくわかったから。

 

それは「自分が好きだと思える自分かどうか」ということ。

 

 

仕事にしろ、プライベートにしろ、
何か選択をしなければいけなくなったとき

そこには、必ず"相手"が存在している。

もし本当に自分1人にしか関係のないことなら
そもそも迷ったりしない。

 

だから迷うときって
というか人生って

きっと1人じゃどうしようもできないことの連続で

だから毎日、悩んだり、迷ったりしてきたし、

そうやって立ち止まる度
いつもどこかに正解を求め、未来や結果を
コントロールしようと必死になってきたけれど

そこには正解も、不正解もないし、
コントロールなんてできないこと

頭ではずっとわかっていた。


ただ、怖かっただけなんだよね。

 

自分で決めてしまうと、全て自分のせいになるから。
だから、誰かの何かのせいにしておきたかった。

そうすれば、たとえ悪い結果でも耐えられると思ったから。

 

f:id:marina0821:20170918164234j:plain


でも、違った。


悪い結果になるときは、なるし
ならないときは、ならない。

そして当たり前だけど
悪い結果になれば、どんなに人のせいにしようとも、苦しい。


たぶんね、あたしたちがどんなに悩んで、迷おうと
宇宙とか神様とかよくわかんないけど、
あたしたちに人間にはわかんない次元で
未来は、結果は、もう決まってるんじゃないかと思う。

 

だから
どうせ決まっているのなら

 

「自分が好きだと思える自分でありたい」

 

そう思った。 

そうやって選んできたこの2週間。


よくない結果や未来もあったけれど 
それでも、少なくとも最悪な結末にはならなかった。

 

そのときに思ったんだよね。

これまでも未来は決まっていたかもしれないけど
最悪な結末を選んでたのは、自分だったんじゃないかって。

 

自分で勝手に最悪のシナリオを書いて、
悲劇のヒロインになって、その通りに行動してきたからだって。

 

f:id:marina0821:20170918150948j:plain

 

正直、自分が好きだと思える自分を選べば
必ずいい未来が訪れるなんてことは言えないけど

少なくとも

自分が思う最悪な結末には、ならない。

だってその結末は
あなたが自分の未来を選ぶことから逃げ
誰かのせいにすることを選んだその結果だから。

 

f:id:marina0821:20170918171729j:plain

 

自分1人じゃどうしようもないことの連続の毎日

 

未来に怯え、そこから目を背けるか

今、この瞬間を自分が好きだと思える自分でいるか

 

少なくとも
あたしは後者であり続けたいと思う。