NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

時間は平等に流れていく。

f:id:marina0821:20171008212804j:plain


4年前、担当していた生徒が久々に顔を出しに来た。


顔を出しに来たといっても、妹の迎えに来ただけなのだけれど
彼女と会ったのは本当に久しぶりで
受験シーズン、制服の下からも上からも
雪だるまのように着込み真冬の帰り道を自転車で帰っていた彼女も
今では車を運転し、妹を迎えに来るようになったんだなと、時の流れを感じた。


社会人、1年目。

まだ化粧に慣れていないのか、たまたまなのかわからないけれど
少し白浮きした顔にあの頃と変わらない笑顔で

「もう既に辞めたい」と、笑う。

そういえば、高校生の頃から責任感の強い子だった。

仕事にも慣れ、背負っているものの重さを痛感し始め、
責任感の強い彼女にとっては今が1番しんどい時期なのかもしれない。

 

f:id:marina0821:20171008214353j:plain


次の授業までの少しの間だったけれど
たわいもない話をして、授業に向かった。


もう4年も経ったのかと、思うと同時に
彼女の間で、時間が平等に流れていたことに少し不思議な感覚を覚えた。

 

"時間は平等に流れていく"

 

そんなことは、当たり前なのだけれど
会わなかった数年間、彼女との時間は止まっていた。

あの日、話をするまで、あたしの中で彼女は高校生だった。


けれど、

完全防寒で自転車に乗っていた彼女は、今は暖房の効いた車を運転している。
些細なことでよく笑っていた彼女が、今は仕事を辞めたいと笑う。

そしてあたしも、
あの頃は見ることができなかった彼女の目をまっすぐ見ながら話を聴いていた。

 

f:id:marina0821:20170505211712j:plain


会うまでは、こうして話をするまでは、
確かに止まっていたはずの時間が動き出した。


それは嬉しく、そして、少し寂しく感じる瞬間でもあった。

 

 

"時間は平等に流れていく"

 

 

今この瞬間も、
あたしの知らないところで、

あの人は大人になり、あの人は傷付き、あの人は誰かを愛している。


誰もがそんな時間の流れを受け入れ、また明日も1日を生きていく。
なんだかそんな日々が愛おしく、そして少し寂しい。