NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

「証」なんて、なんの意味もない。

f:id:marina0821:20171009170738j:plain


昔、初めてペアのネックレスを貰ったとき、たまらなく嬉しかった。

まだお互い学生だったから高いものではなくて
お風呂に入るとき以外はずっと身につけていたから
少しずつ少しずつ、塗料がはがれていってしまったけれど、

なんだかそれさえも、嬉しかった。

そんな淡い恋をしていたあの頃から、月日は流れ、
行方のわからなくなったネックレスとともに
そんな気持ちも、どこかに置いてきてしまったのかもしれない。

 

f:id:marina0821:20171009172642j:plain

正直、過去の恋愛話は好きじゃない。

相手を責めるつもりはないし、あの頃の自分を否定する気もないけれど、
少なくとも、あの頃のあたしは、相手も自分も大切にしない恋愛ばかりしていた。


今じゃ考えられないけれど、
四六時中、相手のことを考えていたし、相手にも同じでいて欲しかった。
束縛こそしなかったけれど、されるのは嬉しかったし
求められることが、愛されている証だと思い込んでいた時期もあった。

相手のことも、自分のことも、見ようとしていなかった。
そんなどうしようもない恋愛ばかりして、自分で自分を傷付けてきた。


だからいつも不安で、人一倍「証」を、求めてしまっていたのかもしれない。

 

f:id:marina0821:20171009174209j:plain


昔から「グレーな関係」が苦手で、
友達か恋人か、好きだと言われればなぜ、どこが好きなのか
そんなことをいつもはっきりさせたがっていた。

もちろんそれは、恋愛に限ったことではなくて
中学の頃、クラスの女子の間で孤立していたあたしに
何の迷いもなく差し伸べてくれた友人の手さえも、握ることができなかった。


そうやってあたしはいつも
相手の気持ちも、自分が愛されていることも
何ひとつ信じられなくて、疑って、

常に何か「証」となるものを求めていたんだと思う。

きっとあの時もらったネックレスは
そんなあたしにとって、心地よい鎖であり、
自分が愛されていると信じられる唯一の「証」だったのかもしれない。

f:id:marina0821:20171009172241j:plain


そんな歪んだ愛しか知らなかったあたしも
ようやく、少しずつ「証のない愛」がわかるようになった。


それはとても不思議な感覚で

初めは2人の関係に
はっきりとした「名前」を欲しがって、困らせてしまった恋。

2人の関係に
はっきりとした「約束」を欲しがって、1度終わってしまった恋。

そして終わったその瞬間に
自分がどれだけ愛されていたのかを
そして、自分がどれだけ愛していたのかを
思い知らされた恋。

そのとき、やっとわかったんだ。

 

f:id:marina0821:20171009183438j:plain


あんなに欲しかった「名前」にも「約束」にも
そして「証」にも、なんの意味もないということ。

私はあなたが好き。

ただそれだけで十分なんだということ。

 

https://www.instagram.com/p/BZ49W8LhdiS/

 

そう胸を張って言える自分でいようと、思わせてくれた恋ができた。


昔のような恋をもう繰り返したくはないけど
全部、必要だったと思える。

恋愛なんて必要ないと思った時期もあったけど
きっとこうやって、理想の自分になっていく、そんな気がしてる。