NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

かたちあるもの

f:id:marina0821:20171023172100j:plain


ずっと秋が苦手だった。


だって、あなたがいなくなってしまった季節だから。

 

街の空気が少しずつ冷たくなっていくのを感じる度、
自分のしてしまったことの重さを思い出しては、たまらなく後悔する。


私にとって秋は、そんな季節だった。
もう、あの日から12年が経つ。

 

f:id:marina0821:20171023174652j:plain


思えば、12年前も
私は「かたち」ばかり欲しがって、あなたを困らせた。

そうやって、あなたのことも、自分のことも、傷付けてばかりいた。

 

愛されている「かたち」が欲しくて

1人じゃないという「かたち」が欲しくて

あなたがいるという「かたち」が欲しくて

自分は間違ってないという「かたち」が欲しくて

 

求めてばかり、だった。
一体、何にそんなに怯えていたんだろうね。

 

f:id:marina0821:20171009172241j:plain


あの日から、何度、同じことを繰り返してきたんだろう。

大切な人の言葉さえ信じられず、
自分を信じることすらできず、

そうやって、数えきれないくらい人を傷付けてきたし、
同じように自分のことも、傷付けてきた。 


そんな自分に気付く度、あの日から
全く成長できてないよに思えて、たまらなく情けなかった。


だけど、

途方もないくらい時間はかかってしまったけれど
ようやく、わかった気がする。

 

f:id:marina0821:20171023182402j:plain


「かたち」なんて、なくてもいい。

 

確かに、かたちがあることで、安心は得られる。

けれど、目に見えるものばかり気にしていたら、
本当に大切なものが見えなくなってしまう。

 

だって心は、目には見えないから。

 

そんな目に見えない心を伝えるために
人間は、言葉を発達させてきたのかもしれない。

けれど言葉も人間も厄介で、
不器用だったり、なんらかの意図があったりして、
心とは裏腹の言葉を使ってしまう。

 

むしろ、ありのままの心を言葉にできる人のほうが少ない。

 

だからこそ私たちは、
言葉だけではなく
目に見えるものにばかりとらわれず

目に見えないもの

かたちのないものを、感じることができる術を
身につけたのだと思う。

 

目の奥に秘めた哀しみ

ふとした動作から伝わってくる愛情

何か言おうとして飲み込んだ迷い

笑顔に隠された不安…


それら全てを1つも落とさず、感じることはできないけれど
それでも、

かたちのないものこそ、大切にしたいと思う。

相手のものも、自分のものも。

 

f:id:marina0821:20171023174227j:plain


本当はね、ずっと前から、そんなこと気付いていた。

 

もう今は、かたちのなくなってしまったあなたを
こんなにも愛しく、想い続けてこれたんだもの。

 

あの日からずっと
たくさん人を傷付けて、
たくさん自分も傷付いて、

何も変わってないと思っていたけれど
ちゃんと、その度に少しずつ成長してきていたんだ。

 

ただ少しだけ、それを受け入れる勇気が足りなかっただけ。

ようやく、前に進める。 

 

 

ずっと、あなたがいなくなってしまった秋が、苦手だった。

 

でも今は

大好きだったあなたへの
かたちのない想いを感じられる、大切な季節だと

笑顔で言えるようになったよ。

その勇気をくれる人に、出逢えたんだ。

 

ありがとう。大好きだったよ。

 

これからもずっと、大切なあなたへ。

 

f:id:marina0821:20171023190506j:plain