NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

恋をするということ

f:id:marina0821:20171002104951j:plain


「もっと早く出逢えていたら…」

なんて、まるでどこかの恋愛映画のような台詞を
電話越しに君が残すから、その先が気になって仕方ない。

飲み込まれてしまった先に、一体どんな未来があったのだろう。

君が見ている未来に、私の居場所はあるんだろうか。

君との電話を終えた後、
そんなありふれたラブソングのような言葉を
思わずノートに書いてしまった自分に苦笑いがこぼれた。

 

f:id:marina0821:20171103210337j:plain


恋は盲目とはよく言ったもので、
不器用な私は昔から、恋をすると周りが見えなくなった。

だから、恐ろしいほど恋愛が下手だった。

ようやくこの歳になって、
バランスを取るということを覚えたくらいに。


今、私は恋をしている。

些細な一言に一喜一憂したり、
LINEの通知を待ちわびたり、
増える通話履歴に幸せを感じたり、

気が付けば彼のことを考えている。

だからこそ
今もこうして、来るかもしれない別れを想像しては
不安に震えている。


けれど、昔と大きく変わったことが1つだけある。


それはそんな自分に、彼のことばかり考え、他のことが手がつかなくなっている自分にストレスを感じている。ということ。

 

f:id:marina0821:20171103211818j:plain


彼のことは好きだし、できることなら別れなんて来てほしくない。


けれど

そうやって彼のことばかり考えて
恋に溺れてしまいそうになっている自分がいる一方で

どんな結末になろうとも、私の生き方は変わらない。
そんな冷静な自分もいる。

それが昔の私と決定的に変わったこと。



「恋になんて振り回されないし、私には、譲れない生き方がある」

 

けどそれは、

彼に出逢い、恋をして、
たくさん笑い、たくさん泣いたからこそ
できるようになった生き方。


「矛盾だらけの自分を愛し、信じて生きる」という

彼が、教えてくれた生き方。

 

f:id:marina0821:20171103212911j:plain


昔は恋をしてしまうと、全てが上手くいかなくなった。
だから恋なんてしないと思ったこともあった。

けど今は、恋をしているからこそ、全てが上手くいっている。

そしてもし、この恋が終わってしまったとしても
私は、私として生きていけると思える。


終わってほしくなんてないし、
けど、もし終わってしまったとしても大丈夫だと思える。

つくづく不思議な恋。

 

 


「恋をするということ」

 

それは、誰かを愛することだと思っていた。

けど今は、誰かを愛することで、
自分を愛せるようになることなのかもしれないと思う。

不可解で、つかみきれない。 

それはまるで君のようで、
結局、私はこの得体のしれない存在に
振り回されながら生きていくのだろうと思うけど、

1つだけはっきりしていることがある。

 

「君に恋をして、よかった」

 

先のことなんて、きっと誰にもわからないし、
私はただ、いま目の前にある君がくれる幸せを
見落とさぬように、しっかりと感じていこうと思う。

 

f:id:marina0821:20171103215643j:plain