NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

ラブソングなんて、いらいない。

f:id:marina0821:20171105191506j:plain


いつからかさっぱり聴かなくなったラブソングが聴きたくなって、
久々の美しい旋律に浸りながら、これを書いている。

 

今日は、「君と最後の日」

 

ついに来てしまったこの日に、見えない未来に、
それでも、いつもと何一つ変わらない君に、

不安を感じてしまえばきりがなかった。

それでも、ずっと前から
今日という日を、君と過ごす時間を

ちゃんと楽しもうと、幸せを感じようと決めていた。

 

いつもと変わらず、
冗談を言い合いながら過ごす時間はあっという間で、幸せで、
それでも時々見せる、何かを言いたそうな君の目だけは、

どうしても、ちゃんと見ることができなかった。

 

f:id:marina0821:20171105193319j:plain


朝、まだ薄暗い朝焼けの中に向かう背中。


何度もこうしてこの背中を見送ってきたはずなのに、
もう2度と会えないような気がして、思わずその背中に抱き着いた。

そして、軽くキスをして、


「いってらっしゃい」


笑顔でそう、君に言った。

「いってらっしゃい、なのかな」と君は少し困った顔で「またね」と、微笑んだ。

 

f:id:marina0821:20171009170738j:plain


始まりから普通とは違う2人だったし、
私は恋愛がすごく下手だったから、

ラブソングやネットに溢れる誰かの恋愛と比べてしまえば
不安が募るばかりで、そうやって何度も君を困らせたけれど

それでも、幸せな日々だった。

 

あの時「いってらっしゃい」と言ったのは、
また君に「おかえり」と笑顔で言えるようにって

そんな私の小さな願掛け。

 

誰もが共感できるような
羨ましがるようなラブソングのような恋ではないけれど

それでも、いい。


そう思えるほど、強くなれたから。
君を、好きになれたから。


私はきっと大丈夫。
私たち2人もきっと、大丈夫。


今度、君に「おかえり」を言うときには、

あの時、君が言いかけた言葉も
きっとちゃんと受けとめられる。

 

だから、今日は「最後の日」なんかじゃない。
ラブソングには、なれない2人の「新たな始まりの日」で、

そして、私がラブソングを聴けるようになった日。

 

f:id:marina0821:20171105201641j:plain