NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

鳴らない、携帯。

f:id:marina0821:20171126214029j:plain



「また今日も来ない…」


鳴らない君からのLINEの通知に、というよりも
来ないとわかっていながら期待することをやめられない自分自身に

今日もまた落胆している。

 


「もう、どうでもいいってわけ?」

そうやって何度も何度も期待を裏切られ続ければ
自然と不安や怒りが顔を出し始める。


そもそもその期待すら、
約束したわけではなく、自分が勝手にしているものなのに。

もうそこには、遠距離でも大丈夫。
なんて言っていたあの頃の私はいない。

 

f:id:marina0821:20171126193625j:plain


とにかく私はイライラしていた。

自分からは全く連絡をくれない彼にも
Instagramに溢れる見知らぬ幸せそうなカップルにも
Facebookでキラキラしたオーラを放つSNS起業家たちにも

テンションの高いクラスメイト達が毎日飽きもせず
騒いでいた高校の教室のような職場にも。

とにかく、全てが煩わしくて仕方なかった。


そんなときはできるだけ1人でいる時間を多くしたいのに
そういうときに限って仕事で休日出勤や早出が続く。

イライラを溜め込みながらやるべき仕事を片付けても
相変わらず私の携帯の画面には彼からの連絡通知はないし、

インスタのカップルたちは幸せそうだし、
フェイスブックにはキラキラした自撮りが溢れている。


もう、何ひとつ上手くいってないような気がした。

f:id:marina0821:20171126201055j:plain


ようやく1人になれても、彼とのトーク画面に
何度も「さよなら」の文字を、書いては消してを繰り返していた。

辛いのを全て彼のせいにして、楽になりたかった。


不安も苛立ちも、全部自分がつくりだしたものなのに。


もちろん、寂しさはあった。
けど、そんなことは遠距離を、というより彼を選んだ時からわかっていたこと。

それに毎日、連絡が欲しいわけじゃない。
たとえ、どんなに好きな人であろうと、私は1人の時間が必要だし、
なんだかんだ仕事も忙しいし、やりたいことだってある。

会えないことにも、そこまでストレスを感じているわけでもない。

彼も似たような人だからそんなことはありえないけれど
内容のない連絡が毎日来るのは、正直うっとおしい。

 

それなのに、私が彼からの連絡を求めていたのは、
ただ、「必要とされているのか」確かめたかったから。

 

f:id:marina0821:20171101110710j:plain


なにか大きなきっけがあるわけでもなく、
昔から私は「自分は必要なんだろうか」とすぐ考えてしまうところがある。

それはきっと私が
人と同じことをするのが嫌いで、
代わりの効く人間になりたくないという想いが強い癖に
人と違うことで指をさされることを恐れている

矛盾だらけの性格だからなのだと思う。


「一人」は好きだけれど、「独り」は嫌いだ。


物理的な孤独は、むしろ好むけれど、
精神的な孤独には、耐えられない。

そんな、めんどくさい性格。


だから自分から人と距離をとっておきながら
ふと、「自分は必要なんだろうか」と考え始めてしまう。

 

f:id:marina0821:20171101105210j:plain

 
そうやって考え始めてしまうきっかけに共通点はないけれど
それが何のサインなのかはわかるようになった。

 
「私自身が自分を信じられてない」


そのサインだ。


もともと1人が好きで
物理的な居場所をさほど必要としない私は、

きちんと自分さえ自分を信じることができていれば
他人からの承認なんて気にも留めず、
躊躇なく、前例のない道を突き進んでいける。


けれど何かの拍子に、自分を信じられなくなると急に、
他人からの承認を求めてしまう。
そして、ひどいときはそれをこじらせ、ドツボにはまっていく。

彼からの連絡を強く求めていたのは、まさしく、
その承認欲求の表れだったのだろう。


それに気付いてしまえば、もうなんてことはない。
自分が本当に大切にしたいもの、信じたいものを再確認するだけだ。

 

f:id:marina0821:20171126212555j:plain


なんて、コーヒーを飲みながら、これを書いていると
もう彼からの連絡なんて、どうでもよくなっている私がいた。

それでも、こうして
大切にしたいことに気付かせてくれる
彼という存在には、本当に感謝しているのだけれど、


なんだか悔しいから

その感謝を伝えるのは、
彼が自分から連絡をしてきたときにしようと思う。