NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

true love story...

f:id:marina0821:20171201205350j:plain

 
あなたは、一体どこまで、私の背中を押してくれるのだろう。


少しずつ自分の創りたい世界が見えてきて、
自分のことも、ほんの少しだけれど、好きになれた。


それでもやっぱり、
今まで過ごした世界から1歩踏み出すのには、勇気が必要で、
どうしても踏み出せなくて、迷いを捨てきれなかった。


あなたと過ごす、ありきたりだけれど、幸せな未来が、
もしかしたら、あるんじゃないかって

いつも、心のどこかで思ってた。

 

f:id:marina0821:20171201210610j:plain


そんな私の元に届いた、あなたからの2度目の「さよなら」


本当はとっくにお互い別々の道を歩いていたのに
その事実を認められなくて、

あなたを見送ったあの日、分かれてしまった2本の道が
いつか1本になるんじゃないかって、


そうやって、気付かないふりをしてきた。


「ほら、行かなきゃ」


あなたにそう言われているような気がして、
不思議と涙は出なかった。

1度目のさよならは、あんなに涙が止まらなかったのに。

 

f:id:marina0821:20171201211843j:plain


本当は一瞬、引き留めそうになったけれど、
その時、昔どこかで読んだシャネルの言葉が頭をよぎった。


❝ 愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜けだすこと。
相手の男の重荷になるべきではない ❞


散々泣いて、あなたを困らせた1度目のさよならの後、
もしまた、あなたにさよならを言わなければならない時が来たら、

こんな風に離れられる女性でありたいと、思ってた。


そんなことを思い出しながら、
あなたに送った精一杯の「ありがとう」と「さよなら」


これで、少しは私もシャネルのような女性になれるだろうか。

 

f:id:marina0821:20171024130013j:plain


何度、経験しても、恋の終わりは、悲しくて、
そんな自分の辛さを隠すため、上書き保存するために、

どんなに幸せだった頃のことさえ、
なかったことにしてきたのだけれど

あなたと過ごした時間は、そうはできないみたい。

あなたに出逢い、あなたに恋をして、
たくさん笑って、たくさん泣いて、

決して長い時間ではなかったけれど
それ以上に、本当にたくさんのことを気付かせてもらった。

たくさんの愛と幸せをもらった。

それだけは変わらない、真実。

 

あなたを好きになって、本当によかった。

 

f:id:marina0821:20171201220654j:plain


もしもまた、あなたに会える日が来るのなら、
それこそ、本当に運命なんだと思う。

けど、そんな日が来るかどうかは、私にはわからない。

 

だから私は、私の道を歩いていく。

 

ありがとう、大好きでした。