NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

さよならの先に

f:id:marina0821:20171206164420j:plain


身体の芯まで凍えてしまいそうな夜。

寒いのは得意ではないけれど、手袋があまり好きでない私は、
仕事からの帰り道、ボルドーに彩られた冷たい指先を温めながら
1人、寒空の下を歩く。

こんな日の夜空は、なんだかいつもより少し高く思えて 、
寒さで澄んだ空と雲がすごく綺麗だ。

なんだか眠るのがもったいなく感じる、そんな夜が続いている。


それでも眠くはなるし、眠ってしまえば、もちろん朝が来る。
そして朝が来れば、そこからまた新しい1日が始まる。

何も、変わっていない。

 

f:id:marina0821:20171203212220j:plain


自分の想いを言葉にしたいと、少し前に始めたインスタは、
図らずも、あの人への切ない想いで埋まり始め、

切ない想いを綴れば綴るほど、
少しずついいねやフォロワー数が増えていった。

表現者でありたいと願う私にとって
それはもちろん嬉しかったけれど、本当は少し、戸惑ってもいた。


あそこに載せた言葉に嘘は1つもないけれど
私は、四六時中、あの人のことを考えていられるほど器用でも、強くもない。

何より、あの人への想いは、あくまでも私の一部であって、
本当は他にも、形にしていきたい想いがたくさんある。


けれど、増えていくいいねやフォロワー数に、

いつからか、無意識に「求められる私」でいようとして
少しずつ、苦しさや窮屈さを覚え始めていた。


そして、感じずにいはいられない別れの予感。

さらには、仕事でもクレームや上手くいかないことが続き、
あの頃の私は、すっかり自信をなくしてしまっていた。

自分の創りたい世界の不安定さと
周囲から求められる世界の安定さが私を揺さぶり、

自分がどこに向かいたいのか、わからなくなり、
そこから進むことも、戻ることもできずに、

踏み出そうとしていた世界の前で
私は、ずっと前から

動けなくなっていた。

 

f:id:marina0821:20171206232141j:plain


そんな得体の知れない何かに怯え
ただその場に立ち尽くし、焦点の合わない
ぼやけた毎日をただ眺めているしかなかった。

そんなときだった。


あの人から「さよなら」が届いたのは。

いくら予感していたとは言え、
本当に久しぶりに心から愛しいと思えた人だったから

もちろん、悲しみはあった。


けれどそれ以上に、


「君の本当に創りたい世界は、そんなもんじゃないだろ?」


まるで、そう言われたような気がしてならなかった。


そうだ。こんなところで、
止まってる場合じゃないんだ。

 

f:id:marina0821:20171203210008j:plain


不器用な私たちは自分たちの抱く夢について、
じっくり話をするようなことはしなかったけれど

それでもお互いに挑戦したい夢や創りたい世界を
持っていることは知っていたし、

少なくとも私は、そういうところも好きだった。

 

そして、先に1歩を踏み出したのは、あの人だった。

なんだってそうだった。

2人で一緒にいることを決めるときも、
出かける行き先を決めるときも、何を食べるか決めるときも、

そして、別の別の道を歩むことを決めるときさえも。 

いつもあの人は、私の半歩先にいた。

そして、本当はそれを望んでいるのに踏み出せずにいる私を
いつも、引っ張っていってくれた。


このさよならの先に、もうあの人はいないけれど、
この道をまっすぐ突き進んでいけばまたどこかで、

半歩先にいるあの人の姿が見えてくるような気がする。

そしてきっとそのときは、
半歩後ろではなく、ちゃんと隣を歩いていけるような気がする。


だから、振り返らない。

このさよならの先へ
前を向いて、1人、進んでいこうと思う。