NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

純粋。だから、あまのじゃく

f:id:marina0821:20171208175041j:plain


ショッキングピンクにゴールドの模様。
ど派手なセンスの塊。

明らかに他とは違うオーラを放つ
中島美嘉のオーディオブックに、それは書かれていた。


***

仕事が休みの今日は少し早めに起きて、
簡単なトレーニングを済ませ、シャワーを浴びる。

朝食代わりのプロテインを飲みながらインスタを更新して
お気に入りの真っ白なデスクに向かい、
最近始めたばかりの、まだ新しい英語のテキストを開く。

充実した、理想の1日の始まり。

 

f:id:marina0821:20171208180110j:plain


の、はずだった。

まだなじみのない英単語の羅列を眺めていたら、
昨夜の夜更かしが祟ってか、抗えないほどの睡魔に襲われた。


「30分だけ・・・」


そう思ってベッドに横になって、
目が覚めたときには、30分が4回も過ぎていた。

明らかに寝すぎて、働かなくなった頭でコーヒーを淹れながら
ブラックのまま胃に流し込み、強制的に覚醒させようと試みる。


「もう、かかってくることはないんだよね」

スマホの画面には、無意識に開いたのか通話履歴と
そこに並ぶ、無機質な文字で書かれたあの人の名前があった。

 

f:id:marina0821:20171126212555j:plain


数時間前の私は一体どこへ行ってしまったのか
一気に、センチメンタルモードに切り替わる。

その瞬間、

いつになったら結果が出るのかわからないトレーニングも
時間とお金をかけてやる英語の勉強も
前向きな自分の言葉も

全て、馬鹿らしく思えてくる。


我ながら、ジェットコースターみたいな思考回路だと思う。

そんな落差の激しい自分に振り回されて
かれこれもう、28年になる。

 

https://www.instagram.com/p/BYmnVAVhBZN/


そして、いつも思う。

「彼女たちのように、生きていけたらいいのに」

私が惹かれる女性は皆、強く、美しい。
自分を貫くという強さが、私には何よりも美しく感じる。

間違いなくそこに惹かれているにもかかわらず
つい、表面的な部分に振り回されてしまう。

そして、その人のマネをして、その人になろうとしてしまう。


でも、

純粋でも
あまのじゃくでも
アーティストでも
表現者でも
センスの塊でも

何だっていい。


大切なのは「自分を生きている」かどうかということ。

 

f:id:marina0821:20171208184357j:plain


ジェットコースターのような浮き沈みの激しい思考回路だろうと
1人が好きな人見知りの癖に、寂しがり屋だろうと、
熱しにくく、冷めやすい性格だろうと、


結局のところ、それが「私」なのだ。


そんなところを他の誰かの真似をして隠したところで
きっと、それは堂々巡りでしかなくて

いつまでたっても、私が惹かれるような女性にはなれないだろう。


姿形は変えることができても、
感じることは、変えることができないのだから。

f:id:marina0821:20171208190253j:plain


感じることこそ「自分という存在」の象徴であり、

だから私は、こうして感じたことを言葉したい衝動に駆られる。
きっとそうすることで、

自分という存在を再確認しているのだと思う。


この先に、何があるのかはまだわからないけれど、
とにかく続けてみようと思う。

必要ないと感じるその時まで。


自分を感じながら、自分を生きていくために。