NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。自分の心に。誰かの心に寄り添いながら。

夢と現実と15年前と<2>

f:id:marina0821:20171210151713j:plain

 

なんだか不思議な感覚を覚えることが多かった2017年12月。
その締めくくりに相応しいというべきなのか、2018年を迷わずスタートするためにというべきなのか、

仕事納めまであと2日と迫った日。

あまりに懐かしく、そして何ひとつ変わらない笑顔で、彼は私に笑いかけていた。

 

marinashimazu.hatenablog.com

 

 

これを書いた10日後、つまり彼の夢を見た10日後、
共通の友人からLINEが届いた。

「明後日、ユウキが帰ってくるんやけど、久々に集まらん?」

成人式に会って以来だから、約10年振りの再会。
しかも、あんな夢を見た10日後。断る理由なんてなかった。


中学時代の同級生のカズを加えて、4人での再会。
何の縁か、共通していたのは、不規則な仕事をしていることぐらいで、あとは結婚していたり、子供ができていたり、
15年前、同じ教室で同じ時間を過ごしていたときとは明らかに、違う世界をそれぞれ生きていた。

 

もうすぐ30歳。世間ではもういい大人だ。

正直なところ、こういう再会の場にはあまり行きたくなかった。

自分で選んだ道とはいえ、きちんと就職していないうえに、結婚の予定すらない自分がなんだか惨めに思えて、世間一般のアラサーの少数派として、好奇の目に晒されるのが嫌だったからだ。

「で、お前は今、何やってんの?」

一通り、軽口をたたいて笑った後、カズが発した言葉に、自分の顔が引きつるのがわかった。

「あーうん、塾講師だよ。でも、正社じゃないからねー」

少しずつ聞かれて、徐々に変な空気になっていくくらいなら、先に自分から言ってしまった方が楽だ。

そう思って、なるべく平静を装って答えた。
胸の奥が少し痛むけれど、大丈夫。絶対に伝わらない。
だって、私はそうやってずっと本心を隠して生きてきた。見破られたことなんて1度もない。

 

 

 

 

「お、俺も。俺もー!日雇い、日雇い!」

"医師"という明らかに世間から見て、私とは別世界にいるカズが声を上げる。

「お前は超、高日給だろー」
「どれぐらいの子たちを教えてんのー?」

変な空気になるどころか、まるで何事もなかったかのように会話が進む。

センター試験かぁー?あれー記述だっけ?」
「いや、思いっきりマークだろ!てか、お前も受けたやろ?」


ああ、そうだ。
彼らは、こういう人たちだった。

非正規だろうと、未婚だろうと、どんな仕事をしていようと、
どんな人間だろうと、彼らにとって全く関係ない。
常に"その人"という1人の人間としてしか見ていない。

15年前からずっと。何も変わらない。

そうだ。私はずっとこの世界で生きていたんだ。
昔から些細なことで傷付きやすかった私はずっと、


この世界に、彼らに守られて、生きてきたんだ。