NO TITLE

日常で感じたことを 感じたままに綴るブログ。名前はまだない。

ただ、ありのままに。水のように、生きる。

f:id:marina0821:20170703181403j:plain

 

いつの間にか最後にブログを書いてから
1ヶ月以上も経っていた。

 

この1ヶ月、他のSNSもほとんど更新してないから
何かあったのかと心配されたりもしたけれど

 

正直、特になにもない。笑

 

特別、忙しかったわけでもなくて、
落ち込んで、引きこもっていたわけでもない。

 


ただ「書こう」という気にならなかっただけ。

 

なのに今、なんでこうしてまた書いているかというと

 

ただ「書きたい」と思うようになったから。
ただ、それだけなんだけど、それで十分だと思う。

 

f:id:marina0821:20170703182908j:plain

 

早々に梅雨入りした割には、たいして雨も降らなかった6月。

SNSから離れて、何をしてたんだろうと振り返れば
色々と試されてた月だったなと思う。

 

結構、精神的にしんどいこともあったし
逆に、久々にびっくりするような嬉しいこともあった。

 

いいことも、悪いことも
当たり前だけど、自分の意志とは無関係に

次から次へと起こるもんだから

 

「え、ちょっと待って。なんで?なんで?」

 

そんな風に理由を探したときもあった。

 

けど、どの出来事にも理由なんてなくて

 「あたしは、どうしたいの?」

 

そうやって、自分の在り方を問われてばかりだったような気がする。

 

f:id:marina0821:20170528092021j:plain

 

逃げたくても、逃げれないほど
何度も、何度も、その問いを突き付けられた。

 

 

「あたしは、どうしたいの?」

 

 

…ホント荒療治にも、ほどがある。

 

でも、おかげで嫌というほど自分と向き合って
やっぱり同じ答えにたどり着いた。

 

 

『ありのまま、生きていたい』

 

 

それはずっと思ったいたことだけど
この1ヶ月に及ぶ荒療治のおかげで、


「ありのまま」の意味を誤解していたことに気付いた。

 

f:id:marina0821:20170528184450j:plain

 

ありのまま生きることにこだわりすぎて
いつの間にか「ありのまま生きられない自分」を恥ずかしいと思っていた。

 

けれど、今のその姿も「ありのままの自分」であることに変わりはなくて

 

そんな自分を認めることが
あたしが本当に望んでいた生き方なのだと思う。

 

f:id:marina0821:20170526153329j:plain

 

「ありのまま」という言葉は魅力的だ。

 

けれど、自分という『今』を認めなければ

「ありのまま」という理想は、決して現実にならないと思う。

 

 

理想を持つこと、未来を描くことは
もちろん大切なことで

 

だけど、今はまだはっきりとした未来が描けないのなら

 

無理に理想を追い求めるより
まずは、自分という『今』を認めていけばいいと思う。

 

 

ありのままの自分で生きていきたくて

 

けど、

不器用で、心配性で、
人からの愛を受けとるのが苦手で
自分に自信が持てなくて、ついつい自分を責めてしまう。

 

先を描くのが苦手で
まだ自分がどんな未来を創りたいのかわからない。

 

 

そんなあたしという『今』を

恥ずかしがらず、堂々と認めて生きていこうと思う。

 

f:id:marina0821:20170703191851j:plain

 

7月は、そうやって「自分を認めていく」月にしようと思う。

 

色々決めすぎてしまうと
自分で自分を縛ってしまう癖があるから

あまり決めすぎずに。

 

水のように、ゆらゆらと、変幻自在に。
たぶん、それくらいのゆるさがあたしには調度いい。